影響が少ない超音波検査

main-img

会話や音は空気の振動が伝播することによって耳に伝わって鼓膜を震わせて聞こえるようになります。
その振動の違いによって聞こえ方が変わってきます。


振動は、鼓膜からしてみれば波として捉えることができます。波の高さは音の大きさ、波の密度が音の高低になります。

細かい波は高音に、荒い波は低音として聞こえます。
このような波を音波と言います。
音の密度を表す単位をヘルツと言います。1秒間にどのくらいの数の波があるかを示すものです。


人が聞こえる音波はだいたい20000ヘルツまでです。


それ以上は超音波と呼ばれる領域です。
人の耳で聞くことができない音波には別の使い方があります。それが超音波検査です。

音波はものに当たると跳ね返る習性があります。
やまびこのようなものです。

そのため、音波の反射を調べればどのくらいのところで跳ね返ってきたかがわかります。


超音波検査はその原理を使ったものです。

基準となる超音波を出して、その反射を受信します。その時間の差を計算するとだいたいの位置を検出できます。物体によって反射してくる超音波の密度が変わってきます。
それにより物体のだいたい性質がわかります。このような原理によって超音波検査は行われています。


利点としては、検査するものを破壊しないで中身を探ることができるということです。これを非破壊検査と言います。
X線を利用したレントゲンのような非破壊検査もありますが、壊しはしませんが放射線の影響を受けることになります。
超音波なら波の大きさである出力を小さくしておけば影響を与えることはありません。
超音波検査が最も普及しているのが医療部門です。
患者をそのままの状態で体内の検査ができるので大変便利です。


レントゲンでは放射線の被曝が気になることから長い時間検査することができません。
超音波なら影響がないため同じ点の様子を継続して見ることができます。

お腹の中の状態を知りたいときによく使われます。
特に妊娠時の胎児の様子を知りたいときに安心して使うことができます。

超音波は一つの波でしかありませんが、それを何本も横に並べていっぺんに出すことで平面いわゆる断面を見ることができます。


それが超音波検査の結果として画像として表示されます。
胎児がどの方向を向いているか、大きさはどれくらいか、へその緒が絡まっていないかなどを確認することができます。


そして大事な性別の判断も行うことができます。

超音波は出力が大きく、密度が高くなるとぶつかった物体の温度を上げる性質があります。

そのため、検査に使われるものは密度に応じた出力の大きさに制限があります。
その制限内であれば検査した患者に対して影響を与えることはありません。

胎児にも影響を与えない安全性が担保されています。

健康を確認するための検査で悪影響があったら本末転倒になってしまいます。だから超音波は影響の少ない検査として医療の現場では大変高い需要があります。

格安のカードプリンターの評判が高いです。

ソフトウェアテストの最新情報が知りたい方にはこちらです。

神戸のガスコンロ情報選びをサポートするサイトです。

マキタの電動工具を検索してみてください。

超音波検査の情報収集ができます。

http://news.goo.ne.jp/topstories/politics/376/9b596af7cc6cd2300990aa56f43114a7.html?isp=00002

http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=OM90540

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14145822769

関連リンク

subpage01

電子機器の性能を表す部品について

最近では老若男女問わずあらゆる電子機器が生活の必需品となりました。しかし多くの方はその性能を把握した上で購入しているわけではなく、最新機種だからという理由で容易に買い替えたり買い足したりしています。...

more
subpage02

色々な用途に使える電子機器

以前は機械を動作させるために人間が必要で、操作をする人を配置しないと動かせないことがよくありました。例えば昔の洗濯機などは必要に応じて指示をしなければならず、そのたびに色々な操作をしないと上手く使うことができませんでした。...

more