電子機器を取扱うに当たり注意しなければいけないこと

main-img

現代の生活環境の中には様々な電子機器が存在しており、快適な生活を送るためにはもはやなくてはならないものとなっています。しかし、この電子機器を取り扱う上で注意しなければいけないことはたくさんあります。


そのことを忘れて不用意な使い方をすると故障を招くばかりでなく、人間の生命に関わる問題を引き起こすことにもなりかねないので十分な配慮が必要です。

現代の電子機器で代表的な物は、携帯電話です。

携帯電話は日本人の殆どが持っているといわれており、中には生活の殆どをこの携帯電話に依存している人も少なくありません。



必要な時に気軽に電話をかけて話ができるほか、インターネットに接続して調べ物をしたり地図で道順を確認したりできるほか、中には電子マネーを内蔵し買い物などの支払いができるというものも少なくありません。

その為、日常生活には欠かせないものとなっていますが、強力な電磁波を常に発生しているため、この電磁波をうけてはいけない場所で使用すると、大きな影響を及ぼしてしまうことも有るのです。

その例として多いのが、飛行機の中での使用です。


飛行機の中では複雑な電子制御措置が働いており、これにより安定した飛行が維持されています。

しかし携帯電話が発生する電磁波によりその制御装置が影響を受けることが分かっており、万が一制御装置が誤動作した場合には飛行の制御ができなくなり最悪の場合には墜落の恐れを生じてしまうのです。

又、医療機器に対する影響も懸念されています。

最近では電磁波に強い医療機器が開発されていますが必ずしも最新型の医療機器が使用されている病院ばかりではなく、携帯電話の影響により医療機器が誤動作してしまう危険もはらんでいます。



この場合には人間の生命に関わることになるため、十分な注意が必要になります。



また、電子機器が使用出来なくなった場合の対策についても日頃から準備が必要です。

最近は自動車の中にも多くのものが使用されていますが、これらのものは突然故障で使用出来なくなってしまうことが有るため、最悪の事態に備えておくことが大切です。



例えば、近年の自動車はエンジンを動作させるための燃料の供給も電子制御で行っていますが、その制御機器が故障すると突然エンジンが掛からなくなってしまうことになります。



この場合には制御機器を交換若しくは修理しない限りエンジンをうごかすことはできません。

この際にはセルモーターを使用して電気で車を一次的に避難させたり、何人かで押して移動させるなどの緊急対応が必要になります。

このように万が一に備えてその対処法を憶えておくことも非常に重要な事となります。



現代の生活は電子機器の恩恵を受けている物が非常に多いものです。しかし、これらの機器は故障したり、動かなくなってしまうことも有ります。



又、使い方によっては人命にも大きな影響を与える物だということを充分に認識し、上手に使いこなすことが非常に重要な事となるのです。



関連リンク

subpage01

小型化が続く電子機器

携帯電話は電子機器の一つに含まれていますが、携帯電話には色々な機能が備わっており、小さな筐体の内部には膨大な量の回路と言うものが存在しています。回路を構成しているのは電子部品であり、無数の電子部品が電子機器内部には利用されているのです。...

more
subpage02

電子機器を取扱うに当たり注意しなければいけないこと

現代の生活環境の中には様々な電子機器が存在しており、快適な生活を送るためにはもはやなくてはならないものとなっています。しかし、この電子機器を取り扱う上で注意しなければいけないことはたくさんあります。...

more